タイヤ通販おすすめランキング

タイヤはどこで買うのがいい?と迷ったときは、タイヤが安く購入でき、取り付けや交換までまとめて依頼できるタイヤ通販サイトの利用がおすすめです。

すでにタイヤ交換がお済みの方も多いかと思いますが、冬タイヤの出番は2月中旬まで続きます。突然の雪に備えてスタッドレスタイヤへの交換がまだの方は安全運転のためにも早めの交換をおすすめします。

2月5日には東京を中心とした関東地域で大雪警報が発令され、5cmの積雪がありました。もしものときの天候の急変に備え、冬場はスタッドレスタイヤに交換しておくことが重要です。

本記事ではおすすめのタイヤ通販サイトやお得にネットでタイヤを購入するためのポイントなどを紹介していきます。

タイヤを安く購入する方法をお探しの方や費用を抑えてタイヤ交換を行いたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

■ 今すぐおすすめのタイヤ通販が知りたい方へ(ランキングTOP3)

  1. TIREHOOD(タイヤフッド):タイヤ通販で迷ったらTIREHOODがおすすめです。タイヤの専門家が選んだ高品質なタイヤをお得な価格で購入できます。また、車種やサイズから最適なタイヤを簡単に検索でき、全国に4,000店舗以上ある提携工場での取り付けサービスにより、安心してタイヤ交換ができます。
  2. AUTOWAY(オートウェイ):輸入タイヤを購入予定ならAUTOWAYがおすすめです。国内最大級のタイヤ通販サイトで、国内外の有名メーカーのタイヤを豊富に取り揃えています。キャンペーンの実施も多いのでお得にタイヤを購入できます。
  3. フジコーポレーション:創業50年以上の歴史と実績を持つタイヤ通販サイトで、国内外の幅広いメーカーのタイヤを低価格で提供しています。在庫も豊富で全国に約4000店舗ある提携工場での取り付けやアフターサービスも充実しています。

タイヤ通販には種類がある!?おすすめはタイヤホイール専門店のオンラインショップ

最初にタイヤ通販サイトの種類について簡単に解説します。利用する前に知っておくことで比較がしやすくなります。

タイヤ通販サイトは販売元の形態に応じて3つの種類に分けられます。通販サイトの種類によって特徴が異なるため、サイトの種類と特徴について確認しておきましょう。

タイヤ通販の運営元は「タイヤホイール専門店」「総合カー用品店」「大手ECモール」の大きく3つに分類できます。

タイヤ通販を販売業者の種類別にまとめた図は以下の通りです。

① タイヤホイール専門店

タイヤホイール専門店は、タイヤやホイールの専門店で、整備工場が隣接していたり、提携店舗があったりするため、取り付けまで依頼できるのが特徴です。

また、タイヤやホイールの流通に独自のルートを持っていることが多く、他の通販サイトよりも信頼できるタイヤを安く購入できます。

ネットでタイヤを購入するのであれば、タイヤホイール専門店の通販サイトの利用がおすすめです。

② 総合カー用品店

総合カー用品は、タイヤだけではなく車に関するカーナビや洗浄グッズ、芳香剤など様々なアイテムを取り扱っています。

代表的なところだと、オートバックスやイエローハットなどは総合カー用品店に分類され、車のことなら何でも相談できることが特徴です。

また、実店舗も多いためネットで購入して、近くの店舗で交換もしやすいです。総合カー用品店はタイヤの値引き幅は少なめですが、利便性と信頼性は高いのが特徴です。

③ 大手ECモール

Amazonや楽天市場などが大手ECモールに分類されます。安さだけに着目するとネット通販の中では最もタイヤを安く購入できます。

しかし、大手ECモールは複数の出品者が商品を販売しているため、中には悪質な業者が紛れていることもあります。

また、正規ではない仕入れルートの可能性があるため、品質やサービス面ではやや不安があります。そのため、利用する際は事前に口コミやレビューを確認しておくことが大切です。

タイヤが安い店おすすめランキング【2024年2月】人気のタイヤ通販17サイトを一覧で比較

おすすめのタイヤ通販サイトを紹介します。タイヤ通販はそれぞれ取り扱い商品や送料、交換サポートなどに特徴があるので自分にあったサービスを比較して探してみてください。

また、同じ商品でも通販サイトによって料金が異なる場合があるので、複数のサイトを比較することがおすすめです。

それではおすすめのタイヤ通販サイト17つを見ていきましょう。

TIREHOOD AUTOWAY フジコーポレーション Amazon 楽天市場 タイヤサプライヤー カーポート・マルゼン タイヤ激安王 タイヤ市場 タイヤワールド館ベスト コクピット・タイヤ館 タイヤショップ4u タイヤ・ホイールカンパニー イエローハットオンラインショップ オートバックス公式通販サイト Yahoo!ショッピング ヤフオク!ピーツーネット
ホイール
セット
送料 送料無料 送料無料 550円〜880円 送料無料(出品者による) 送料無料
(出品者による)
送料無料
(自宅への発送500円/本)
タイヤ1本あたり100円
ホイールセット送料無料
送料無料 送料無料 単品タイヤ送料無料
ホイールセット3,200円
送料無料 全国無料(法人)
個人は1本目無料、2本1,100円
3本1,650円、4本:2,200円
送料無料 送料無料
(店舗受け取りのみ)
全国一律600円
3,000円以上の注文で送料無料
送料無料(出品者による) 落札者負担
(2,000円〜9,000円ほど)
取り付け
費用
2,640円~4,840円程度 15インチ以下1,980円〜
19〜20インチ2,970円
1,375円~
組込み&バランス調整料など
出品者による 2,090円(12〜16インチ)
4,840円(21〜22インチ)
16インチ以下2,530円
17インチ以下3,080円
18インチ以下3,520円
12〜14インチ1,760円
21〜22インチ〜5,500円
1,620円〜 商品料金に含まれる 脱着1本につき550円 タイヤ交換(〜14インチ)1,100円
エアバブル交換2,000円
廃タイヤ処分1,760円
16インチ以下4本8,800円
17インチ以上4本11,000円
出品者による
取り付け
提携店舗
全国約4,900店舗以上 全国約3,300店舗以上 全国約2,000店舗以上 約6,000店舗 全国多数(掲載なし) 約3,500店舗以上 近くの店舗を探してくれる 全国のタイヤ市場店舗 約3,200店舗 全国のコクピット・
タイヤ館の店舗
鳥取県の店舗 全国680店舗以上 全国のオートバックス店舗 出品者による
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※送料は沖縄県や離島など一部地域は送料が異なる場合があります。詳しくは各サイトをご確認ください。
※取り付け費用はタイヤ1本あたりの価格です。

タイヤを安く信頼性の高いショップで購入したい場合は、タイヤホイール専門店の運営している通販サイトがおすすめです。

1位. TIREHOOD(タイヤフッド)

公式サイト:https://tire-hood.com/

TIREHOOD(タイヤフッド)は、オートバックスグループと公式に提携しているタイヤ専門店です。タイヤ購入から交換までまとめて依頼できるのが特徴です。

TIREHOODでは、取り付け提携店が全国4,900店舗以上あるため、ネットでタイヤを購入してお近くのタイヤショップやガソリンスタンド、カー用品店などで交換まで依頼できます。

ネットでタイヤを購入する際に面倒になりがちな取り付けや交換などがサービスに含まれています。

TIREHOODでのタイヤ交換の流れ

また、6ヶ月〜24ヶ月のあんしん保証のオプションを付けることができるため、初めてネットでタイヤを購入する方でも安心して利用できます。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
14インチ:29,800円〜、18インチ:69,800円〜
タイヤの価格帯・サマータイヤ:2,640円〜
・スタッドレスタイヤ:9,130円〜
※価格はサイズやメーカーによって異なります。
送料全国送料無料(沖縄県や離島など一部地域は要相談)
交換・取り付け費用1本あたり2,640円~4,840円程度
※オートバックス店舗では窒素ガス充填を含むため、1本あたり340円~660円高くなる
取り付け提携店舗全国4,900店以上
運営会社株式会社BEAD
支払い方法クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)、PayPay残高払い、銀行振込、ショッピングローン、後払い決済、代金引換、コンビニ決済

2位. AUTOWAY(オートウェイ)

公式サイト:https://www.autoway.jp/

AUTOWAY(オートウェイ)は、主にインドネシアや台湾、中国、アメリカ、ドバイなどで製造された輸入タイヤを取り扱っている国内最大級の輸入タイヤのオンラインショップです。

国際的な品質規格にクリアしたタイヤを中心に取り揃えており、製造から3年未満のタイヤを適切に管理したもののみを販売しているため、輸入タイヤに対して不安を持っている方も心配は入りません。

また、輸入タイヤは国産タイヤに比べて安いのが特徴です。海外から大量にタイヤを輸入することで仕入れ単価を抑えているため、実店舗で購入する価格に比べて1/4程度の商品も多くあります。

輸入タイヤやアジアンタイヤをお探しの方は、AUTOWAYがおすすめです。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯5,000円〜8,000円ほど/1本
送料全国送料無料(沖縄・離島・個人宅への配送を除く)
※沖縄県は1本あたり550円(税込))※個人宅への配送は1本あたり330円(税込)※離島は1本あたり1,100円(税込)
交換・取り付け費用1本あたり1,980円(15インチ以下)〜、2,970円(19〜20インチ)
※タイヤホイールセットの場合:取付工賃は軽自動車で3,300円・普通車で4,400円
取り付け提携店舗全国約3,300店舗以上
運営会社株式会社オートウェイ
支払い方法クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)、コンビニ、代金引換、銀行振込、AmazonPay、PayPay、掛売、あと払い(ペイディ)

3位. フジコーポレーション

公式サイト:https://www.fujicorporation.com/shop/

フジコーポレーションは、東証一部に上場している株式会社フジ・コーポレーションが運営する国内の大手タイヤ専門オンラインショップです。

国内タイヤから輸入タイヤまでを幅広く取り揃えており、品質管理や価格設定もバランスが良いのが特徴です。安くて品質の高いタイヤを購入することができます。

また、フジコーポレーションの実店舗ではオンラインショップと同じ価格でタイヤが購入できるので、ネット通販に抵抗がある方は店舗に伺ってみても良いでしょう。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯3,160円〜/1本
送料・商品代金〜30,000円:550円
・商品代金30,000〜100,000円:770円
・商品代金100,000円〜:880円
※沖縄・離島は要相談
交換・取り付け費用組込み&バランス調整料など 1本/1,375円~
取り付け提携店舗全国約2,000店舗以上
運営会社株式会社フジ・コーポレーション
支払い方法クレジットカード(一部国際ブランド・海外発行カードを除く)、銀行振込、現金書留、ショッピングローン、コンビニ決済、楽天ペイ、代金引換、あと払い

4位. Amazon

公式サイト:https://www.amazon.co.jp/

世界最大級のECサイトであるAmazonでも安くタイヤを購入できます。ただし、Amazonは全ての商品が揃っているわけではありません。そのため、細かく型番などが決まっている場合に商品単位で検索してみるのがおすすめです。

また、同じ商品を複数の出品者が販売していることが多く、同じタイヤでも価格が異なるため、出品者を比較することでよりお得に購入することも可能です。

一方で、タイヤ専門店のように車種やタイヤの型番から絞り込んで適切なタイヤを探すことは難しいため、ある程度欲しいタイヤに見当をつけてから探すといいでしょう。

また、Amazonは時期や出品状況によって価格が変動するため、欲しい商品が決まっている場合にはこまめにチェックするのがおすすめです。

関連記事:Amazonのタイヤが安い理由は?なぜ実店舗よりも安いのかを解説

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯定価の7割〜8割ほど(出品者による)
送料基本送料無料(出品者による)
交換・取り付け費用出品者による
取り付け提携店舗約6,000店舗
運営会社アマゾンジャパン合同会社
支払い方法クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners・銀聯)、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払い、代引引換、分割払い、ギフト券、あと払い(ペイディ)、PayPay、各種携帯決済、AmazonPay、Amazon通貨換算など

5位. 楽天市場

公式サイト:https://www.rakuten.co.jp/

Amazonと同様に国内最大級の総合ECサイトである楽天市場でもお得にタイヤを購入することができます。楽天市場はポイント付与率の高さが魅力です。

楽天市場を利用することで楽天ポイントを獲得できるため、日頃から楽天ポイントを利用している方はタイヤ購入も楽天市場にすることでポイントの付与や利用ができます。

また、楽天市場には「楽天Carタイヤ交換サービス」というサービスがあり、楽天市場でタイヤを購入したタイミングで連携店舗にタイヤ交換の依頼ができるため、タイヤ取り付けの手間も最小限に抑えることができます。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯定価の7割〜8割ほど(出品者による)
送料基本無料(出品者による)
交換・取り付け費用2,090円(12〜16インチ)、4,840円(21〜22インチ)/1本
取り付け提携店舗全国多数(掲載なし)
運営会社楽天グループ株式会社
支払い方法クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)、銀行振込、後払い決済、代金引換、Apple Pay、コンビニ決済(セブンイレブン・ローソン、郵便局ATM等)、PayPal、ショッピングクレジット/ローン、オートローン、リース、請求書払い、Alipay(支付宝)

6位. タイヤサプライヤー

公式サイト:https://www.tire-supplier.com/shop/

タイヤサプライサーは、新品タイヤを低価格で販売しているタイヤ通販です。

商品ラインナップは9,000種以上もあり、特に国内主要メーカーのタイヤに強いため、国産タイヤを安く購入したいという方はチェックしてみてください。

ただし、整備工場などの連携店舗がないため、タイヤを購入すると自宅にタイヤが配送されます。そして、タイヤの取り付けを請け負ってくれる業者を自分で探す必要があるため、タイヤ交換に慣れていない方は不便に感じるかもしれません。

また、支払い方法としてクレジットカードが利用できないため、銀行振込か代引き引換のいずれかの方法で支払う必要がある点にも注意しましょう。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いなし
タイヤの価格帯・サマータイヤ:3,700円〜
・スタッドレスタイヤ:5,000円〜
※価格はサイズやメーカーによって異なる
送料・屋号のついた会社への発送は送料無料
・自宅への発送はタイヤに送料500円(1本ごと)
※沖縄、離島、一部地域は別途中継料金が発生
交換・取り付け費用
取り付け提携店舗なし
運営会社株式会社タイヤサプライヤー
支払い方法銀行振込、代引引換

7位. カーポート・マルゼン

公式サイト:https://www.maluzen.com/

カーポート・マルゼンは「タイ〜ヤ、マルゼン!タイヤマルゼン!」のテレビCMでおなじみのタイヤ・ホイール専門店のネット通販です。

実店舗とネット通販を同時に運営していることもあり、幅広い商品から適切なタイヤを選ぶことができます。

特にホイールの充実度は国内屈指で、輸入車でも10種類〜100種類ほど、国内人気車種であれば1,500以上の種類を取り扱っています。

また、カーポート・マルゼンでは「ロクサーニ(LOXARNY)」に力を入れているため、ロクサーニ(LOXARNY)のホイールの購入を検討しているという方におすすめです。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットサマータイヤ、ランフラットスタッドレスタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり12インチ:34,500円〜・14インチ:34,100円〜
タイヤの価格帯1本3,000円〜
送料タイヤのみ:100円/1本
ホイールセット:送料無料
交換・取り付け費用16インチ以下:2,530円/1本
17インチ以下:3,080円/1本
18インチ以下:3,520円/1本
取り付け提携店舗約3,500店舗以上
運営会社株式会社 カーポートマルゼン
支払い方法代金引換、銀行振込、後払い、クレジットカード、ローン、あと払い

8位. タイヤ激安王

公式サイト:https://www.tire-gekiyasuoh.com/

タイヤ激安王は、その名の通りタイヤが激安で販売されているネット通販です。

安さの理由はタイヤの中でも安価で入荷できるアジアンタイヤをメインで扱っているからです。現地スタッフで特化商材の情報を入手してメーカーや工場から直接仕入れることで安さを実現しています。

さらに、17時までに注文をすると当日発送にも対応しているため、すぐにタイヤを交換したいという方にもおすすめです。

しかし、取り付け連携店舗はないため、タイヤを交換するためには事前に取り付け業者を探しておく必要があります。

取り扱い商品アジアンタイヤ中心のサマータイヤ・スタッドレスタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いなし
タイヤの価格帯・サマータイヤ:3,420円〜
・スタッドレスタイヤ:3,260円〜
※価格はサイズやメーカーによって異なる
送料全国送料無料(沖縄県1,000円/1本)
交換・取り付け費用
取り付け提携店舗
運営会社アイパーツ株式会社
支払い方法クレジットカード決済(VISA・Master・Diners・AMEX・JCB)、PayPay、銀行振込(前払い)、代引引換(現金・クレジットカード・電子マネー)

9位. タイヤ市場

公式サイト:https://www.taiyaichiba.com/

タイヤ市場は、2022年北関東のGoogle口コミランキングで満足度1位を獲得した評価の高いタイヤショップのオンラインショップです。

タイヤ市場の評価が高い理由として挙げられるのは、タイヤの安さだけではなく従業員の圧倒的な知識量と親切な接客にあります。

全国に実店舗があるため、お近くに店舗がある場合には店舗の利用を選択しても良いでしょう。タイヤを安く購入したいけど、初めてのタイヤ交換で不安があるという方でも、相談しながらタイヤ選びができます。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットサマータイヤ、ランフラットスタッドレスタイヤ、中古タイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯1本2,000円〜(アウトレット品含む)
送料全国送料無料
交換・取り付け費用店舗直接持ち込みの場合、1本あたり1,760円(12〜14インチ)〜5,500円(21〜22インチ)
取り付け提携店舗全国に提携店あり
運営会社株式会社ザクティブ
支払い方法クレジットカードのみ

10位. タイヤワールド館ベスト

公式サイト:https://tireworldkan.com/

タイヤワールド館ベストは、宮城県に本社を構え東北を中心に店舗展開しているカー用品店です。

実店舗を中心に展開していることもあり、価格設定や品質は一般的なカー用品店と同等レベルです。しかし、タイヤを単品で買った場合に送料が無料になる点などは他のタイヤ通販にはないサービスです。

タイヤ単品でネットで購入すると送料だけで数千円かかってしまうこともあるため、タイヤ通販を比較する際は送料込のみの価格で比較してみてください。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットサマータイヤ、ランフラットスタッドレスタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯12インチ:3,400円〜
14インチ:4,500円〜
18インチ:10,500円〜
20インチ:14,700円〜
送料単品タイヤ:送料無料
ホイールセット(1台分):3,200円
交換・取り付け費用1,620〜/1本(店舗価格に準じる)
取り付け提携店舗全国約3,200店舗
運営会社株式会社タイヤワールド館ベスト
支払い方法クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)、銀行振込、代金引換、楽天Pay・コンビニ決済(セブンイレブン・ローソン、郵便局ATM等)

11位. コクピット・タイヤ館

公式サイト:https://tirestore.bridgestone.co.jp/

コクピット・タイヤ館は、大手国産タイヤメーカーであるブリヂストンが運営するタイヤ専門店です。

ブリヂストンが運営しているため、整備などのクオリティは高く、タイヤ選びに不安を感じた場合にはオンラインで専門スタッフに相談することもできます。

ネットでのタイヤ購入やタイヤ交換が初めての方でも安心して利用することができます。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットサマータイヤ、ランフラットスタッドレスタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
4本セット60,456円〜(取り付け工賃含む)
タイヤの価格帯9,482円〜/1本(取り付け工賃含む)
送料無料(店舗受け取り)
交換・取り付け費用商品料金に含まれる
取り付け提携店舗全国のコクピット・タイヤ館の各店舗
運営会社ブリヂストンリテールジャパン株式会社
支払い方法クレジットカード・店舗での現金支払い

12位. タイヤショップ4u

公式サイト:https://tireshop4u.jp/

タイヤショップ4uは、石川県に本社を構えるカー用品店です。ノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの品揃えが良く、ホイールや各種パーツの取り揃えも充実しているため、タイヤ周りの商品をまとめて購入することができます。

また、個人でもタイヤ1本の購入であれば送料は無料のため、パンクや予備タイヤの購入にも向いています。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
4本セット44,000円〜
タイヤの価格帯14インチ1本3,000円〜
送料・法人宛送料(営業所止め送料):全国無料(沖縄・離島は要相談)
・個人宛送料:1本目無料、2本1,100円、3本1,650円、4本、2,200円(沖縄・離島は要相談)
※個人の場合でも営業所止めにすることで送料無料にすることができる
交換・取り付け費用
取り付け提携店舗
運営会社株式会社EXIZZLE-LINE
支払い方法クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)、銀行振込(PayPay銀行・すずめ銀行)、Amazon Pay、代金引換、PayPay残高払い

13位. タイヤ・ホイールカンパニー

公式サイト:https://shop.tire-wheel-co.jp/

タイヤ・ホイールカンパニーは、中古タイヤをメインに取り扱っているタイヤ・ホイール専門店です。

中古タイヤやアウトレット品をメインに取り扱っているため、アウトレットが新品の1/2程度、中古品が1/4程の価格となっており、新品のタイヤよりも安く手に入れることができます。

中古タイヤの取り扱いがメインですが、専門知識を持ったスタッフが1本1本点検をしているため、中古品でも安心して使用できます。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど(主に中古タイヤ)
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
14,800円〜(4本)
タイヤの価格帯1円〜/1本
送料購入商品や配送地域によって異なる
※北海道・沖縄・離島は別途送料が発生
交換・取り付け費用脱着1本につき550円
取り付け提携店舗鳥取県の店舗
運営会社タイヤ・ホイールカンパニー
支払い方法クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX)、Apple Pay、Google Pay

14位. イエローハットオンラインショップ

公式サイト:https://tire-ec.yellowhat.jp/

イエローハットオンラインショップは、日本を代表するカー用品チェーンを展開する株式会社イエローハットの通販サイトです。

タイヤとホイールの品揃え豊富で、イエローハットの店舗が全国680以上あるため、安心して取り付けまでお任せできます。

北海道から沖縄県まで幅広く店舗が展開されていますが、関西地方の南部や岐阜県など、店舗が少ない地域もあるため、近隣に店舗があるかどうかをチェックしておきましょう。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯3,000円〜/1本
送料無料(イエローバックス店舗受け取りのみ)
交換・取り付け費用タイヤ交換(14インチ以下):1,100円/1本
エアバブル交換:2,000円
廃タイヤ処分:1,760円
取り付け提携店舗全国680店舗以上
運営会社株式会社イエローハット
支払い方法クレジットカード決済(VISA・Master・JCB)・PayPay払い

15位. オートバックス公式通販サイト

公式サイト:https://shop.autobacs.com/

オートバックス公式通販サイトは、国内最大級のカー用品店オートバックスが運営するオンラインショップです。

大手カー用品店ならではのオンラインサポートが充実しています。通販サイトの利用でもオンラインでスタッフに相談でき、店舗でのタイヤ交換に対応してくれるため、ネットでも安心してタイヤを選ぶことができます。

しかし、タイヤ専門の通販サイトと比較すると、安さという面では劣る部分があります。しかし、オートバックスの公式通販サイトでは、定期的にセールを実施しているため、購入のタイミングが合えば高品質なタイヤをお得に購入することができます。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
4本30,000円〜
タイヤの価格帯3,250円〜/1本
送料全国一律600円(1回あたりの注文代金の合計が3,000円以上の場合は送料無料)
交換・取り付け費用16インチ以下:8,800円/4本
17インチ以上:11,000円/4本
取り付け提携店舗全国のオートバックスの店舗
運営会社株式会社オートバックスセブン
支払い方法クレジットカード決済(VISA・Master・Diners・AMEX・JCB)、代引決済(宅配受け取りのみ)、コンビニ決済(店舗受け取りのみ)

16位. Yahoo!ショッピング

公式サイト:https://shopping.yahoo.co.jp/

Yahoo!ショッピングでも、Amazonや楽天市場のように複数の出品者がタイヤを販売してます。

価格帯やサービス内容に違いがあるため、利用する際はタイヤの価格だけではなく出品者の評価などもチェックすることが大切です。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いあり
タイヤの価格帯2,000円〜/1本
送料送料無料が多い(出品者による)
交換・取り付け費用出品者による
取り付け提携店舗出品者による
運営会社ヤフー株式会社
支払い方法クレジットカード決済(VISA・Master・Diners・AMEX・JCB)、PayPay残高支払い、PayPayあと払い、ゆっくり払い、デビットカード決済、代金引換、キャリア決済、コンビニ決済、ペイジー、ヤフーショッピング商品券

17位. ヤフオク!ピーツーネット

公式サイト:https://auctions.yahoo.co.jp/seller/p_o_r_o

ヤフオク!ピーツーネットは、ヤフオクにタイヤを数多く出品している出品者です。タイヤ販売に精通しており、2000年ごろからヤフオクでタイヤを販売している老舗人気店です。

国内人気タイヤブランドから格安のアジアンタイヤブランドまで取り扱っており、購入者からの評価も2023年6月現在、71829件の評価がついて「良い評価の割合」が100%です。

オークションサイトを利用する際はチェックしてみてください。

取り扱い商品国内外の有名メーカーのサマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、ランフラットタイヤなど
タイヤとホイールのセット取り扱いなし
タイヤの価格帯1,000円〜20,000円
送料落札者負担(商品によって異なるが2,000円〜9,000円ほど)
交換・取り付け費用
取り付け提携店舗
運営会社
支払い方法クレジットカード(PayPay・VISA・Master・Diners・AMEX・JCB)、PayPay残高払い、PayPayあと払い、銀行振込、コンビニ支払いなど

おすすめタイヤ通販の上位3サイトの特徴を比較!自分に合ったショップを選ぼう

続いては、おすすめのタイヤ通販の上位3サイト「TIREHOOD」「AUTOWAY」「フジコーポレーション」の特徴を比較していきます。

タイヤ通販を選ぶときにチェックしたい項目は下記の3つです。

  1. 配送料・工賃の違い
  2. 品揃え・取り扱い商品の違い
  3. 取り付け提携店舗の違い

タイヤ通販の上位3社のそれぞれの項目を比較していきます。

品揃えや取り扱い商品を比較

タイヤ通販で人気のあるショップは下記のように、品揃えや取り扱い商品についても充実しています。ダンロップやブリヂストン、ヨコハマといった有名タイヤブランドに加えて、アジアンタイヤなど輸入タイヤも数多く取り揃えています。

品揃えや取り扱い商品という面では、タイヤ専門の通販はどのサイトも充実しており、品揃えや取り扱い商品には差はないと言えます。

ショップ名品揃えや取り扱い商品
TIREHOOD(タイヤフッド)DUNLOP
BRIDGESTONE
TOYOTIRE
YOKOHAMA
PIRELLIなど
AUTOWAY(オートウェイ)DUNLOP
BRIDGESTONE
NANKANG
DAVANTI
GOODYEAR
MOMOなど
フジコーポレーションDUNLOP
BRIDGESTONE
LEHRMEISTER
YOKOHAMA
GRIPMAX
PREMIXなど

配送料や工賃の比較

続いて配送料や工賃についての比較です。

送料については、TIREHOODとAUTOWAYは全国送料無料(沖縄県や離島など一部地域を除く)となっています。フジコーポレーションは購入金額に応じて550円〜送料が発生します。

しかし、工賃はフジコーポレーションが1本あたり1,375円〜と最も安く、TIREHOODは2,640円~4,840円程度、AUTOWAYは1,980円〜2,970円となっています。

工賃に関しては4本交換した場合は、5,000円〜12,000円程度と考えておくと良いでしょう。

ショップ名配送料や工賃
TIREHOOD(タイヤフッド)・送料:全国送料無料(沖縄県や離島など一部地域は要相談)
・工賃:1本あたり2,640円~4,840円程度
※オートバックス店舗では窒素ガス充填を含むため、1本あたり340円~660円高くなる
AUTOWAY(オートウェイ)・送料:全国送料無料(沖縄・離島・個人宅への配送を除く)
※沖縄県は1本あたり550円(税込)、個人宅への配送は1本あたり330円(税込)の送料
※離島は1本あたり1,100円(税込)の送料
・工賃:1本あたり1,980円(15インチ以下)〜2,970円(19〜20インチ)
タイヤ・ホイールセットの場合の取付工賃は軽自動車で3,300円・普通車で4,400円
フジコーポレーション・送料:商品代金(税込)30,000円未満:550円/商品代金(税込)30,000円以上100,000円 未満:770円/商品代金(税込)100,000円以上:880円(沖縄・離島は要相談)
・工賃:組込み&バランス調整料など 1本/1,375円~

取り付け提携店舗を比較

取り付けて提携店舗の比較です。店舗数にばらつきはありますが、3サイトともに提携店が充実しています。

特にTIREHOODはタイヤ購入から交換までまとめて依頼できる点が特徴なので、店舗数も多く近隣の店舗も見つけやすいでしょう。

そのため、取り付け提携店を軸にタイヤ通販を選ぶときは、自宅の近くに提携店舗があるかどうかをチェックしましょう。

ショップ名取り付け提携店舗
TIREHOOD(タイヤフッド)全国約4,900店舗
AUTOWAY(オートウェイ)全国約3,300店舗
フジコーポレーション全国約2,000店舗

タイヤを通販サイトで購入するメリット

タイヤを通販サイトで購入するメリットや実店舗よりも安く購入できる理由について解説していきます。

実店舗より安くタイヤが購入できる

タイヤを通販サイトで購入する1番のメリットは、実店舗よりも安く購入できるということです。

タイヤの種類にもよりますが、国産タイヤであっても実店舗の1/3ほどの価格で購入できることも多いです。

タイヤ交換には、タイヤ本体以外にも取り替えの工賃や廃タイヤの処分など、さまざまな部分に費用がかかります。そのため、少しでもタイヤ本体の価格を抑えられることはメリットです。

タイヤ通販と実店舗のタイヤ交換にかかる費用を比較(※1台分・4本を交換した場合)

項目タイヤ通販(TIREHOOD)実店舗
タイヤ本体
DUNLOP EC202L 175/70R14 84S
24,640円(6,160円×4本 )36,800円(9,200円×4本 )
配送費用4,400円
タイヤ交換料金10,560円18,000円程度
タイヤを車体から脱着4,000円〜
タイヤとホイルの組み換え4,000円〜6,000円
バランス調整4,000円程度
ゴムバルブ交換4,000円〜6,000円
廃タイヤ・廃ホイール処分2,000円程度
総額39,600円54,800円

通販サイトで実店舗より安くタイヤが購入できる理由

ネットでタイヤが安い理由は、通販はタイヤを販売するときのコストを抑えることができるからです。

実店舗でタイヤを販売する場合、店舗運営に必要な人件費や家賃、光熱費などの固定費や、タイヤを仕入れるときに中間マージンが発生してしまうため、タイヤの価格も高くなってしまいます。

一方で、タイヤ通販は店舗運営にかかる費用がほとんど発生しません。中間マージンを削減することができるため、実店舗よりも安くタイヤを販売することができるのです。

接客や手続きを待つ時間や手間がかからない

実店舗でタイヤを購入する場合、繁忙期や土日などは店舗が混み合います。

接客や手続きに時間がかかることがありますが、タイヤ通販であれば接客や手続きを待つことなくスムーズにタイヤを選ぶことができます。

複数メーカーのタイヤを比較して購入できる

実店舗でタイヤを購入する場合、扱っているタイヤもしくは在庫のあるタイヤのみしか比較、検討することができません。

しかし、タイヤ通販は複数のサイトでタイヤを比較することができます。

24時間購入することができる

仕事が忙しいなど、ライフスタイルによってはタイヤ選びに店舗に行くことが難しい場合もあるでしょう。

タイヤ通販であれば24時間いつでもスマホからタイヤを購入することができます。

また、近隣に実店舗がないという方でも、タイヤ通販を利用することで簡単にタイヤを購入できる点はメリットです。

タイヤ通販を利用するときに気をつけたいデメリット

タイヤ通販はメリットが多いですが、利用するときに気をつけたいデメリットもあります。

利用前に理解しておくことで失敗を防げるのでチェックしておきましょう。

  • タイヤについて自分で調べて選ぶ必要がある
  • タイヤ交換には別途費用が発生することがある
  • その場ですぐに交換することができない
  • タイヤの製造年が選べない(ことが多い)
  • 実物を見て決めることができない

タイヤ通販でタイヤを購入する場合、基本的には返品交換ができないため、タイヤ選びで間違えないように事前にある程度の知識をつけておくことが大切です。

しかし、タイヤ通販はデメリットよりもメリットのほうが大きいため、タイヤをネット購入するデメリットを把握しておけば、タイヤ選びで失敗することはありません。

通販サイトでタイヤを購入するときのポイント

通販サイトでタイヤを購入するときのポイントについて解説していきます。

基本的にタイヤ通販は購入後の返品や交換はできないため、間違った商品を買わないためにも事前にチェックしておきましょう。

タイヤを購入する前に確認すべきこと

タイヤにはインチ数以外にも、コンチネンタルタイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤなどのタイヤの種類や、さまざまな規格が存在しているため、事前に規格を知っておくことが必要です。

タイヤの規格はタイヤの側面に「195mm(タイヤ幅)/65(扁平率)R(ラジアル構造)15(タイヤ内径インチ)91(ロードインデックス)H(速度記号)」というように記載されているため、交換前のタイヤをチェックすればすぐに確認することができます。

また、ホイールセットで購入する場合には、ホイールはさらに細かい規格があるため注意しましょう。

複数の通販サイトを比較する

タイヤ通販では、同じ商品であってもサイトによって価格が異なる場合も多いため、複数の通販サイトを比較することが大切です。

また、品質に変わりはないものの製造年数によっても価格は大きく変わるため、少なくとも3つのタイヤ通販を比較してみるといいでしょう。

タイヤ専門店である「TIREHOOD(タイヤフッド)」「AUTOWAY(オートウェイ)」「フジ・コーポレーション」の3つを比較するのがおすすめです。

タイヤの取り付け方法を決めておく

取り付け連携店のないタイヤ通販で購入する場合は、タイヤを取り付ける方法を決めておく必要があります。

自分でタイヤを交換できるという方は問題ありませんが、持ち込み依頼をする場合、別途工賃が発生します。また、持ち込みタイヤの取り付けをおこなっていない店舗も多いです。

タイヤの取り付けを持ち込み依頼する場合は、自宅の近くに持ち込み取り付けの対応している店舗があるかどうかを確認しておきましょう。

総合的に考えると、取り付け提携店舗があるタイヤ専門店の通販がおすすめです。事前に提携店舗が近くにあるかどうかはチェックしておきましょう。

ホイールセットならさらにお得にタイヤが購入できる

タイヤ通販では、タイヤ本体だけではなくホイールも安く購入できます。

また、タイヤ通販独自のタイヤとホイールのセット販売をおこなっていることも多いです。ホイールセットを利用することで、さらにお得にタイヤを購入することができます。

ホイールの交換を検討している場合は、タイヤホイールセットとしてまとめて購入・交換することがおすすめです。

タイヤは安い時期に購入する

「夏用タイヤ」はスタッドレスタイヤから履き替えるタイミングの3月〜4月、「冬用タイヤ」は路面凍結や降雪などが始まる11月〜1月ごろに値段が高くなる傾向になります。

そのため、繁忙期を避けてタイヤが安い時期(夏用タイヤ:3月・12月、冬用タイヤ:9月〜10月)を選ぶことで、お得にタイヤが購入できます。

また、タイヤ通販では年末セールや売り尽くしセールなどを定期的に割引セールを開催しているため、セールのタイミングを狙うと安く購入できます。

激安のタイヤ通販は詐欺に注意する

価格が安すぎる場合や商品の詳細、会社情報などが記載されていないタイヤ通販は注意が必要です。

タイヤ通販の中には、価格が明らかに安いサイトや製造年数に関して記載のないサイトなどもあります。そのような怪しいサイトは利用しないようにしましょう。

安すぎるタイヤ通販は詐欺サイトであることや、粗悪なアジアンタイヤを取り扱っていることが多い傾向にあります。

また、中には偽物のタイヤが届いたり、製造年数が古すぎるタイヤが届いたりするなどトラブルに巻き込まれる可能性もがあるからです。

不要なリスクを避けるためにもタイヤ通販で購入する場合は口コミや評判、レビューなどをチェックしておきましょう。

ネット通販でタイヤを購入して取り付けするまでの流れ

タイヤを通販で購入し、交換するまでの流れは下記の5ステップです。

  1. タイヤのサイズを調べる
  2. 購入するタイヤを選ぶ
  3. ネットでタイヤを購入する
  4. 取付店舗(方法)を選択する
  5. 取付店舗でタイヤ交換を行う

それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

ステップ1. タイヤのサイズを調べる

まずはタイヤの側面に記載されているタイヤの規格やサイズなどを調べましょう。

車種に合ったタイヤを選ぶために必要な情報なので、必ずチェックしましょう。規格やサイズの情報がないと正しくタイヤを選ぶことができません。

ステップ2. 購入するタイヤを選ぶ

次に事前に調べた規格やサイズを基に購入するタイヤを選択します。

大手のタイヤ通販サイトでは車種やタイヤの規格を打ち込むだけで適合するタイヤを検索できる機能が付いています。

AUTOWAYでは、下記のように「車種から探す」「サイズから探す」「ブランドから探す」から適切なタイヤを検索することができます。

また、TIREHOODでも、かんたんタイヤ検索という機能があり「車種から探す」「タイヤサイズから探す」からメーカーや車種を選択することで、最適なサイヤを探すことできます。

検索機能を利用することで、初めてのネットでのタイヤ購入やタイヤに詳しくない方でも失敗せずにタイヤを選ぶことができるでしょう。

ステップ3. ネットでタイヤを購入する

適切なタイヤが決まったらタイヤを購入します。タイヤ通販では同じ商品でもショップによって金額が異なることがあります。

そのため、商品が決まったら3サイトほど他の通販サイトと比較するとさらにお得に購入できる可能性があります。

タイヤ専門店であるTIREHOOD(タイヤフッド)AUTOWAY(オートウェイ)フジ・コーポレーションで比較するのがおすすめです。

在庫状況や支払い方法などもショップによって異なるため、商品が決まったら複数サイトを比較するのが良いでしょう。

ステップ4. 取付店舗(方法)を選択する

タイヤを購入したら取り付け店舗を選択します。大手のタイヤ通販サイトでは取り付け提携店があるため、購入したタイヤは直接店舗に配送されることが多いです。

しかし、総合カー用品店やAmazon、楽天などのECモールではタイヤが自宅に届き、自分で交換を依頼する必要があることがあるため、タイヤを購入するタイミングで取付方法を決めておくことが大切です。

ステップ5. 取付店舗でタイヤ交換を行う

タイヤを自宅に届けてもらう場合は取付店舗まで運び、取付店舗に届けてもらった場合は指定した日に取りに行きます。

タイヤ通販の連携店舗で取り付ける場合はタイヤ購入時に合わせて工賃を支払う場合が多いですが、現地では廃タイヤの処分やその他点検の工賃が発生する場合もあります。

特にタイヤ通販とは別で交換や取り付けを依頼している場合は、工賃は事前に確認しておきましょう。

タイヤ通販に関するよくある質問

タイヤ通販を初めて利用する方によくある質問をまとめました。スムーズにタイヤ交換するためにも、通販サイトの利用前に疑問を解消しておくと良いでしょう。

おすすめのタイヤ通販サイトはどこですか?

ネットでタイヤを購入するときは、タイヤ専門店の通販サイトであるTIREHOOD(タイヤフッド)、AUTOWAY(オートウェイ) 、フジ・コーポレーションなどがおすすめです。タイヤの価格、信頼性、品質、タイヤ交換のサポートの観点からバランスがよく利用しやすいためです。

タイヤを通販で購入すると送料はかかりますか?

タイヤ通販では一般的には購入金額やタイヤの本数によって送料が発生します。しかし、通販サイトによっては、購入金額や配送エリアによっては送料が無料の場合もあります。送料はお住まいの地域によって異なるため、詳細はご利用予定の通販の公式サイトをご確認ください。

通販で購入したタイヤをどうやって取り付けますか?

一般的にネットで購入したタイヤは、タイヤ通販の取り付け提携店もしくは、近隣の整備工場やガソリンスタンドなどで取り付けます。多くの場合は購入したタイヤは直接取り付け提携店に配送され、指定された店舗に交換に向かい交換してもらいます。

アジアンタイヤとは何ですか?

アジアンタイヤとは、主にインドネシアやタイ、中国などアジア諸国で製造されるタイヤのことです。日本国内で製造されるタイヤは国産タイヤと呼びます。原料となるゴムの生産地が近いため、輸送費などの製造コストを削減することでアジアンタイヤは国産タイヤに比べて安い傾向があります。

ネットでタイヤを購入するときは複数のタイヤ通販を比較してお得にタイヤ交換しよう

この記事ではおすすめのタイヤ通販サイトについて紹介してきました。

ネットでのタイヤ購入はハードルが高いように感じるかもしれませんが、タイヤ専門店の通販はサポート体制が整っているため初めて利用する方でも迷わずに利用できるでしょう。

カーディーラーやカー用品店などの実店舗と比べると、タイヤ通販を利用することでタイヤ交換にかかる費用を3分の1程度抑えることできるので、ぜひタイヤ購入の費用と手間を削減したい方は利用してみてください。

ネットでタイヤを購入するときのお役立ち情報

>> 記事一覧はこちら